【江戸川区自然公園】 動物との触れ合い、観察もできる入園無料

スポンサーリンク

サマースクールなどのイベントが開催 7月にサマースクールが開催されていました。3.4年生はふれあいコーナーの動物たちのお部屋おきれいにしてあげたり、5.6年生はペンギンやリスなどの野生生物の掃除をしてあげたりという経験をされたみたいです。これは子供の時にこのようなことを行えるのはすごくいい経験になりますね。 ほかにも掃除をするだけではなく、蛇に触ってみたり説明をうけたり、私たちが普段見えないお仕事を学ぶこともできます。 そのお仕事とは獣医さんのお仕事です。獣医さんに直接教えてもらうことができます。 ほか委は、年間イベントなどもあります。 親子1日飼育体験教室があり、親も一緒に楽しむことができます。 ほかには動物フォトコンテストがあったり、鷹の飛行ショーも行ったりしています。

動物のふれあいコーナーが充実

ふれあいコーナーは、園内に入ると目の前にあるコーナーです。 午前 10時から11時45分 午後 1時15分から3時 の1日2回 の時間で開催されています。 かわいらしいウサギやモルモットを抱くだけではなく、トウキョウシャモやウコッケイなどの鶏。そしてコールダックという黄色のアヒル。アヒルがふれあい広場にいるのはあまりみかけないですね。そして、やぎとひつじがふれあいコーナーにはいます。 ここでは、動物園でうまれたモルモットの赤ちゃんを保育園や幼稚園、学校に譲ったりしています。さすが区営ですね。 たあに、羊の毛刈りショーなどもやっているので、ぜひ行かれるときにはイベント情報をチェックしていくと面白いものがみれますよ。

あまり見られない動物たちもいます

江戸川区自然公園は、小規模ながらあまりほかの動物園では見られないような動物がいます。 例えば、オオアリクイ。たまに小屋の中で休んでいるときがあり見れないらしいが、オオアリクイはとても長い舌でありを食べることで有名ですね。ほかには、ベネットアカクビワラビーがいます。見た目はカンガルーににており、子供たちは小さいカンガルーさんだー!と喜びながら見ていました。 そして、オタリア。見た目はアザラシやオットセイに似ていますが少し小柄です。 このように、像やキリンなどのような大型動物や猛獣などもいません。しかし、小型ですが普段あまり見かけない動物を見ることができるいい機会です。 無料だけど、十分楽しめる。それが江戸川区自然公園です。 江戸川区自然動物園 ●住所:東京都江戸川区北葛西3-2-1 ●電話番号:03-3680-0777 ●ホームページURL:http://edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/]]>

スポンサーリンク