幼児の習い事に「ピアノ」、10年以上続けて子供の良い気分転換に!

piano

幼児期よりお子さんにピアノを習わせて、なんと10年以上も続けていた方の体験談です。

「10年以上ピアノを続けていましたが、『行きたくない』と泣き喚いたこともありました。
それでも続けたことで、一つの気分転換の趣味になっているようです。」
とお話をされるお母様です。

ピアノを習わせるならしっかりとみてもらえる、個人教室がおすすめです

習い事:ピアノ
開始時期:3歳

幼稚園の時はレッスンも難しくなく、毎週楽しく通っていたのですが、小学校に上がる時に急に行きたくないと駄々をこねて、床にひっくり返って泣いてたほどです。

この時期の子供には多い行動らしかったのですが、私としては辞めて欲しくなく、無理矢理連れて行ったりしていて、悪かったなーと思っていましたが、続々と同じピアノ教室を辞めて行く中でうちの娘は高校に入るまで続けていました。

どんどん上達して難しいレッスンをやるのではなく、自分の好きな曲を弾けるようになるのが嬉しいみたいで、中学の時勉強が大変で生き苦しかった時も、ピアノはいい息抜きになるみたいで、学習塾なども行ってなかったのですが、成績は常に上位で、学校に行きたくなくて辛い時もピアノのおかげで乗り越えられたとこもあります。

個人的には、大きいピアノ教室ではなく、個人教室の方がお勧めですね。
娘の通っているピアノ教室の先生もとても優しく教え方が上手で、生徒の気持ちをちゃんと分かってくれているので、そこも娘が通えていた理由だと思います。

他の塾と違い、ピアノは部屋でレッスンしてくれた曲を弾いて聞かせてくれるとこんなに上達たんだと嬉しく思います。目に見える上達って嬉しいですね。

ピアノのおすすめポイント

電子ピアノならそんなに高くないし、置く場所にも困らないし、
指を動かすことはいいことだと思うし、
ピアノはピアノさえあればパーティや披露宴などどこでも披露することができるのでいいと思います。
一曲でも難しい曲でも弾けたらすごいと思われると思います。

幼児から習い事を始めることについて

幼児期からの習い事選びは本当に難しいと思います。

我が子の場合は、3歳よりピアノを始めて、結果として10年以上続けることができましたが、途中、「行きたくない」となったこともありました。

幼児ですからそういうこともあって仕方がないと思います。
でも、ここで、嫌がっても続けさせるのか、それともやめさせるのか、この判断が非常に難しいです。

我が子には、「行きたくない」と言っても無理矢理連れて行きやらせていましたが、同じようなケースになった親御さんはほとんどおやめになりました。
私自身もとても葛藤しました。

一歩間違えれば、ピアノが大嫌いになってしまったでしょうし、親子関係にもヒビが入ったかもしれませんね。

それでも我が子が続けられた理由としては、個人教室で、何となく「行きたくない」だけで、先生のことは大好きだったことでしょうか。
泣いたまま教室に行っても、先生の顔を見ると泣き止むことが多かったですし、先生が優しくお話を聞いてくれたりしたので我が子も心を許せていたのかもしれません。

それと、親としては、褒めることを大切にしていました。
家でピアノを練習していれば、音が聞こえてきますので、「上手になったね」「あの曲弾いて欲しいな」と声掛けをしていました。
そうすることで、子供は褒められたリ、して欲しいと言われたりするととても喜んでやりますから、続けられたのかなと思います。

幼児の習い事は、何をやるにせよ、親が子のフォローをしっかりとしてあげることが大切なのでしょうね。

今となっては、ピアノは気分転換の良い趣味となっているようで、親としては習わせた甲斐もありますし、嫌がっても無理矢理連れて行ったことも報われた気がしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう