楽しそうに「コーラス」!学校の音楽にも自信が出ました(経験談)

child-375354_1280
娘自ら望んだ習い事でした。
もともと音楽が好きでしたが、合唱を習っているお友達の影響を受けたようです。

幅広い年齢層が集まって奏でる音楽。ますます音楽好きに

習い事:コーラス、合唱
開始年齢:小学3年

もともと歌うことが大好きで、学校でも音楽が一番楽しいと言っていた娘。
その娘が「○○ちゃんは合唱にいってるから歌のテストでAの花丸だったんだよ」とうらやましそうにつぶやいたのが3年生のとき。

合唱をやったから歌が上手なわけではなかろう…と内心苦笑していましたが、内気な娘が自分から「合唱やりたい」とやる気を見せたのは良い傾向。
市内にいくつか合唱団はあったけれど、自分ではどこが良いかよく分からず、知っている人が所属しているところを教えてもらって見学に行きました。

とてもフレンドリーな雰囲気にすぐ馴染みました。
みんな歌うことが好きで集まった仲間なので、仲が良くほのぼのしているのです。
合唱団は小学校1年生から高校3年生までが対象なので、ずっと継続していけるところも魅力的です。

歌の技術自体は集団での指導になるため、率直に言ってそれほど上達したとは思えません。
でも上手な子が身近にいればその姿を目指すようになります。

発声練習はそこそこに、いつも次のステージに向けて練習曲を持っています。
一つ終わればまた次の曲、というように、飽きやすい小学生でも楽しく続けられます。

それほどたくさんの人数がいるわけではないので、時にはソロパートを任されたりして、それがまた自信になっているようです。
学校の音楽も一層好きになってきました。

不思議なもので、歌だけでなくリコーダーや楽器にも積極的に取り組むようになりました。
また音楽の専科の先生にも何故か進んで話しかけたり。
この前は男子と組んで演奏したリコーダーのテストで「Aの花丸だったよ~!」と嬉しそうに報告してくれました。
ああ、夢の花丸、取れたね(歌じゃなかったけど…)。

とにかく楽しそうな姿が見られるのが一番です。
厳しい習い事ではないけれど、こういうのも良いなぁと、その姿を見て感じています。

コーラスのおすすめポイント

たまたまなのですが、娘が所属している合唱団は県立のオーケストラが母体となって運営されているもので、ラッキーにも出番がたくさんあります。

常にモチベーション高く練習に励んでいます。
これは意外な幸運。

出番があるたびにほとんど聞きに行くから、チケット代がかさむ時も。でもこの合唱団ではノルマは一切ないです。

他の合唱団はたしかに指導が厳しく上手なところもありますが、お月謝が高めだったり制服が必要だったりと、何かと悩みもあるようです。
合唱団を選ぶときは何を重視するか考え、できれば体験したり見学したりすると良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう