老人保健施設で応援ナースで働く看護師が必要な訳

 

老人保健施設の場合、看護師は本来の看護師としての業務はバイタルチェックや服薬管理が主で、他は介護、サポートとなります。

 

また高齢者の容体が急変した場合は、状況を判断し臨機応変に動かなければなりません。特に夜間の場合は、医師が不在で看護師一人で勤務ということも当たり前ですから、与えられる責任が大きく負担にもなります。

 

 

そのため、看護師としての経験値がないと厳しいですし、本来の看護師の業務以外の介護なども行わないといけないです。

 

 

そのような条件から、老人保健施設で働きたい看護師が少ないようです。

さらに老人保健施設の他、特別養護老人ホームや療養病院もありますし、高齢化の影響で施設数が増えていますから、看護師の絶対数が必要となってきます。

 

その看護師不足を補うために、応援ナースが必要となるようです。

 

 

 

応援ナースの場合、6ヶ月という短期での契約ですし、高収入なので、老人保健施設未経験者でも希望する方がいるそうです。

 

特に、都会の大病院でバリバリ働き過ぎて疲れてしまった方や、少しのんびり働きたい方が選ぶようです。そういう忙しい病院での看護師業務に比べたら、精神的のも肉体的にも、少し余裕をもって取り組める職種のようです。

 

 

私の場合は、ナースパワーの担当者の紹介ですが、老人患者の多い病院勤務経験がある方にもおすすめです。

お年寄りと接するの大好き、という方にもおすすめです。

 

入居している高齢者といかに良好な関係を築けるかが、大きなポイントになる気がします。

 

 

 

もし、応援ナースとして老人保健施設勤務希望で、基本的な看護師業務(バイタルチェックや服薬管理、夜中の急変などの対応)が不十分だったり、介護業務に積極的になれないようですと、看護師以外の専門職の方々と協力して業務を遂行していくのが難しくなりますし、仕事自体が苦痛になる可能性が大きいです。

 

 

応援ナースとして老人施設を希望する場合は、このように看護師以外の業務も積極的に行えるかどうか、よく考えてみる必要があります。

老人保健施設で働く応援ナース 記事一覧

私がやっている応援ナースについて紹介します
応援ナースとして働くことになったきっかけ
応援ナースとして働く場所に北海道を選んだ訳
応援ナースの待遇・給与
応援ナースとして老人保健施設で働く
老人保健施設で応援ナースで働く看護師が必要な訳
老人保健施設で応援ナースとして働いて得たもの
応援ナースとして老人保健施設で働いてみて
知り合った応援ナースとして働く仲間
応援ナースとして働く私のこれから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう