【小学生の部活体験談】週5のバレーボール部、人間関係も学んでいます

小学 中学 部活 習い事
もともとは引っ込み思案で、スポーツを自分からやりたいというような子ではありませんでした。

しかし、バレーボール部に学校の友達がいたことやもともと父親がバレーボール好きでテレビで試合を見ていたことで興味を持ち、やりたいというようになりました。

部活の仲間との関わり合いで成長をしているようでした

部活は週5でありました。
さらに土日には練習試合や大会など校外に行くことが多かったです。

監督や先輩たちに教えられ、だんだんできることも増えていき、その上達具合が自分でもわかるのか楽しそうに練習していました。
しかし、2年目くらいから監督と部員たちの間で何やらもめたらしく、ギクシャクして、部活をやめたいと言っていました。
が、ほかの部員に止められて、退部はしませんでした。

この後にもいろいろあったのですが、やはり多感な時期なのか、集団スポーツの特性か、同級生とうまくやっていけないことも多く、部員の中には意見が合わない子もいたみたいで、部活に行くのがいやだといったこともたびたびあり、練習を休んだりしているようでした。
しかしバレーボール自体は好きだったようで、何日かしたら練習に戻っていっていました。

集団スポーツというものを通して、引っ込み思案で恥ずかしがり屋だという自分の性格を見つめなおしているようでした。
部員と意見をぶつけ合ったことや、泣いていたことなども本人にとって良かったのではないかと思います。

時には親が間に入ったりはしましたが、基本的には本人に任せていました。
傷つきながら、成長をして言っているようでした。

小学校の部活、親の関わりはどう?

当番制で週に1回ほどは練習をみて、監督やコーチにお茶を出したり、子供たちのスポーツドリンクを補充したりしていました。
さらに、土日に校外に行く場合は何人か保護者が車を出して連れて行っていました

バレーボール部のおすすめポイント

集団スポーツといういやでも人とかかわっていくものを通して、小学生の子供が成長していって行くのがわかります。

小学生なので親も部活にかかわることが多いですが、周りの人のおかげで、仕事をしていることを考慮した当番にしてもらえました。

小学生の部活:バレーボール
開始時期:4年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう