【小学生の部活体験談】バスケットボールで、小2なのに筋肉でカチカチ

小学 中学 部活 習い事
幼稚園の卒園式に子供が父兄の前で将来の夢を語る際に「バスケットボールがうまくなりたいです」と言いました。

夫も私もバスケ経験もなく、もちろん息子もしたことがないので驚きました。
幼稚園ではサッカーや野球を始めている子供が少し居てそれを見て自分は違うものを探そうとしたのかもしれないです。

それから近所で通えるチームをインターネットで探して体験に行ってみました。

バスケ男子はかっこいい!心も体も丈夫になりました

一生懸命取り組んでいます。
積極的な子ではないのでがむしゃらという感じではないが、監督・コーチの言う事を真剣に聞いて黙々とこなしています。

スポーツをやるような子とは思っていなかったので他人と競うのに抵抗はあったようですが、二年経ったらだいぶ上達して競うのも楽しくなってきたようです。
週に二回17~19時の練習と土日は練習試合や公式戦や時には他チームとの合同練習などもあります。

幼稚園の時はよく風邪を引いて色々なウイルスに感染していたが、バスケを始めてからはとにかく病気をしなくなりました。
薄着で過ごせるようになり冬場でもほとんど半そでで生活しています。

一年生のはじめの頃はやはり寝るのも遅くなったり土日の自由時間がなくなったりで辞めたいと泣いた時期もあったが夫と私で励ましながら、せっかく入ったんだから頑張ろう、頑張ってたらいいことあるよ、とかご褒美をあげたりしてなんとか二年間やってきました。
途中でやめたらもったいないような気がしてしまって。
でも続けてよかったと思います。

小さいうちからスポーツを続けられている子はやはりやっていない子よりも忍耐力があると思います。
協調性も身に付くししたの子の面倒も進んでみるようになりました。
身近な高学年の対応を見て学ぶことも多いのだろうと思います。

小学校の部活、親の関わりはどう?

体育館当番が月に1~2回。

練習の用具の準備と具合の悪い子のケア。
怪我は熟練のコーチが対応してくれます。

土日の試合では引率当番が三ヶ月に1回くらいまわってきます。
最寄駅に集合してもらってそこから引率、行き先小学校へ着いてからの準備、昼食を食べさせ、連れて帰ります。

バスケットボール部のおすすめポイント

体力が付きます。
小学二年生なのにお尻が筋肉でカチカチです。

運動する習慣が付き代謝がよくなったので薄着になりました。
その結果病気を全然しなくなりました。
気配りが出来るようになり弟の面倒をよく見るようになりました。
バスケをやると身長が伸びるという噂を聞きました、本当かどうか分かりませんが一年で7センチ伸びました。

小学生の部活:バスケットボール
開始時期:1年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう